痴呆から認知症へ

 痴呆という用語を国語辞典で調べると、『愚か』『ぼんやり』などの意味が表示されます。さらに、『愚か』という用語を調べると、『頭の働きが鈍い』『未熟である』『劣っている』などの意味が書かれています。全て侮辱的な表現であり、患者や家族の感情やプライドが傷つけられ、痴呆は恥ずかしい病気であるとの認識を生じ、早期受診・早期発見の妨げになっていることが考えられます。そこで、厚生労働省は、痴呆にかわる用語に関する検討会を設け、平成16年12月24日に呼称変更の採択がなされ、行政用語を認知症と改めました。あくまでも行政用語の変更であり、医学用語・法律用語は従来のままのようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。