アルツハイマー病とは

●認知症の原因の大部分を占めます
●脳の神経細胞が変性・消滅していく退行変性疾患です
●原因は不明ですが、常染色体優性遺伝をするものもあります
●主症状は認知症であり、日常生活に支障をきたします
●経過は進行性で平均8〜12年の経過で寝たきりになります
●根本的な治療法は今のところ存在しませんが、早期診断・早期治療することで、進行を遅らせる、症状を軽くする方法は存在します
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。